Uber Eatsを利用した感想

それぞれの料理の値段は実店舗と比べてやや割高に設定されています。
概ね1.2~1.5倍くらいですかね。UberEatsへの手数料や配送料がかかるので、料理に反映されるのは仕方ないです。

配送料は基本的に料理とは別に 260円~に設定されていて、これは自転車で5分くらいの距離に相当するのかな?遠い店舗であればあるほどこの配送料は高額になります。

気を付ける必要があるのは、時間帯のピーク設定があることです。
注文が多かったり配達してくれる人が不足しているときには、この配送料が普段より値上がりします。
260円が 520円くらいに上がってるのは見たことがあります。

さらに混んでくると、アプリ上で注文そのものが出来なくなります。
お昼の 12時~13時や夕方の 19時近辺がそうなりやすいですね。

雨が降っているときも、おそらく配達してくれる人が減るからだと思いますがピークになりやすいです。
配達してくれる方については特に不満はありません。

自転車やスクーターでやって来ます。インターフォン鳴らされてオートロックや部屋のドア開けて料理を受けとるだけ。相手の方もごく普通で、特に感じ悪いような人はいないです。 

ワタミの宅食を利用した感想

随分前から、共働きで帰ってきてからの食事の用意が面倒だなぁと思っていたのと、ついつい外食で済ましてしまいがちで食事のバランスが良くないと感じていました。

ちょうどその頃に、母が入院や手術が重なり、より一層、手早くバランスの良い食事を考えるようになった時、母の介護士さんからワタミの宅食を試してみらたどうですかと勧められました。

手作りお弁当を届けてくれるコースや冷凍したおかずだけ届けてくれるコースなど、色んな種類から自分の好みに合ったコースを選べるのが嬉しいところです。

私は、ご飯の量は自分で調整できるようにと、いつもではなく必要な時にすぐに利用できるようにと、冷凍おかずの『いつでも五菜セット』を注文しました。

メインのおかずと副菜を合わせて5種類のおかずが入っていて、それでも350kcalほどです。お肉メインか、お魚メインか、色々お惣菜セットを選べるので、自分の好みで注文ができます。

1つのお皿にスッキリまとまっていて、冷凍庫に重ね積みして貯蔵することができます。お届け頻度も、毎週、隔週、都度注文と、自分のライフスタイルに合わせて選択することができます。

一気に10食分を注文すると1食あたり515円ほどですし、賞味期限も5ヶ月くらいあるので、忙しいとき様のストックとしては十分だと思います。

少し残念かなぁと思ったのは、女性の私や母には丁度良いか、少し多いかなぁと感じる量なのですが、男性の主人には、少し物足りないみたいです。

直接に不満を言ったりしませんが、インスタントのお味噌汁を作ったり、冷蔵庫の残り物を自分でテーブルに並べて食べています。初めての購入の時は、割引サービスもあるので、まずは味や量が自分たちに合うのか試してみることをオススメします。

ワタミの宅食を利用した感想

こういったサービスの常かもしれませんが、料金はやや高いように感じました。高い料金を支払うとなると、ボリュームの多いコースを注文したくなります。

そこで私は「いきいき珠彩」を注文しました。

なかなかボリューム感があるのでそれなりに満足することができました。

まごころ手鞠というメニューは500円以下だったので、お金をかけたくない人はこちらのコースを注文することをおすすめします。

4〜6品までと、コースによって量が変わってきます。
質に関しては特に不満点はありません。

それなりに美味しいし、むしろ満足できる味だと思いました。野菜も多く使われていて、健康的です。
栄養バランスをしっかりと考えて作られているのがわかる内容となっています。

私は一人暮らしなので、どうしても栄養バランスの偏った食事を摂りがちです。
凝った料理を作る時間も技術もないので、宅食に頼めば量も質も満足できる料理を食べることができます。時間という点でもコスパが良いのでとても助かっています。

宅食サービスは他にもありますが、ワタミの宅食はあの居酒屋「和民」系列のサービスですので、安心して利用することができます。
和民はよく飲み会で使わせてもらっていたので、親近感を感じられるのも良いですね。

リブルーム 販売店 最安値

タイトルとURLをコピーしました